海洋深層水の化粧品について

海洋深層水の化粧品は【効果なし?】通販で購入して大失敗に※

海洋深層水の化粧品は

海洋深層水の化粧品は【効果なし?】通販で購入して大失敗に※

海洋深層水の化粧品は、肌に艶やハリ、透明感を出してくれる化粧品として人気がある化粧品ですが、海洋深層水配合の美容液や化粧水を使ったとしても、実感できない事もあるのをあなたは知っていますか?

 

 

 

 

実際に効果を実感できる海洋深層水の化粧品はそれなりの値段がするものですが、なかには値段だけはそこそこするのに、いまいち効果を実感できない、というのもあるんですね。

 

 

 

 

ここでは、そんな海洋深層水の化粧品選びで大失敗に終わってしまわないための参考情報を掲載していますので、一度じっくり読んでみて下さい。


海洋深層水の化粧品に効果なし?

海洋深層水の化粧品は【効果なし?】通販で購入して大失敗に※

海洋深層水で作られた化粧品はたくさんありますが、効果を期待するためにチェックが必要なポイントは主に2つあります。

 

 

 

この2つのポイントを外してしまうと、シワやたるみ、美白効果が低く、せっかく購入しても効果がなかった、となってしまう可能性が高くなってしまいます。

 

 

 

そんな2つのポイントとは

 

 

@ミネラルバランス

           と

A化粧品に使用する際の処理方法

 

です。

 

 

 

@ミネラルバランスについて

海洋深層水の化粧品は【効果なし?】通販で購入して大失敗に※

海洋深層水には、そのとれる場所によってミネラルバランスに違いがあります。

 

 

 

マグネシウムやカルシウムなどがどのように含まれているか?という事ですね。

 

 

 

この時に大事なのは、できるだけ人間の体に近いバランスの海洋深層水が使われていること。

 

 

 

人間の体に近いバランスであればあるほど、肌に浸透したときの効果は高くなります。

 

 

 

足りない成分を補えているからです。

 

 

 

逆にこれが、人間のミネラルバランスから遠いものを選んでしまうと、海洋深層水を使ったとしても足りないものを補う、という意味ではやはり高い効果を期待する事はできません。

 

 

A化粧品にする際の処理方法

海洋深層水の化粧品は【効果なし?】通販で購入して大失敗に※

海洋深層水を化粧品に使う場合、その処理方法によってはミネラル成分が損なわれてしまう場合があります。

 

 

 

せっかくの海洋深層水もミネラルが損なわれてしまっては、当然効果もなくなってしまいますので、海洋深層水を選ぶ際にはその処理方法もチェックするのを忘れないようにしましょう。

 

 

 

特に美容液や化粧水などの化粧品に使われる場合は、脱塩処理や加熱処理などによって栄養成分が抜けおちてしまっているケースがあるので注意が必要。

 

 

 

脱塩処理や加熱処理はコストを抑えて美容液や化粧品を作る事が可能ですが、その分海洋深層水の特徴的な栄養成分であるミネラルが損なわれやすいんですね。

 


海洋深層水の化粧品の通販情報!「透輝の滴」

海洋深層水の化粧品は【効果なし?】通販で購入して大失敗に※

海洋深層水を使った化粧品のなかでも、ミネラルバランスとその処理方法の技術が優れていることから、品質が高く人気がある化粧品に「透輝の滴」というものがあります。

 

 

 

「透輝の滴」はハリや弾力に自信がなくなってきた女性からシワ対策として使われることもあれば、シミが目立ってきた女性からは美白対策としても使われている化粧品です。

 

 

 

本格的なエイジングケアをしたいと思っている人にはいいかも知れないですね。

 

 

 

公式サイトでは実際の体験者の声が口コミとしていくつか掲載されていて、参考になるので一度チェックしてみるのもいいと思います。

 

 

 

「透輝の滴」の成分、原料チェック!

海洋深層水の化粧品は【効果なし?】通販で購入して大失敗に※

・沖縄の糸満沖深度1400mと600mの海洋深層水を原料として使用。

 透輝の滴は沖縄の糸満沖の海洋深層水を人間のミネラルバランスに近づくように独自にブレンド。

 

 

・成長因子グロースファクターを8種類配合

 肌本来の美しさを引き出、ハリと弾力をもたらす成分であるグロースファクターを8種類配合。

 

配合されているグロースファクター
・ヒトオリゴペプチド-25

 

・オリゴペプチド-20

 

・カプロオイルテトラペプチド-3

 

・オリゴペプチド-35

 

・アセチルデカペプチド-3

 

・ヒトオリゴペプチド-13

 

・オリゴペプチド-24

 

・ヒトオリゴペプチド-1

 

 

・5つの無添加処方

 ・石油系界面活性剤不使用

 

 ・防腐剤(パラペン)不使用

 

 ・合成香料不使用

 

 ・鉱物油不使用

 

 ・合成着色料不使用


海洋深層水の化粧品の口コミリサーチ

海洋深層水の化粧品は【効果なし?】通販で購入して大失敗に※

海洋深層水の化粧品である「透輝の滴」の口コミをリサーチしましたので参考にしてくださいね。

 

 

 

公式サイトの口コミは販売者目線なりがちなので、某コスメサイトからの口コミを掲載します。

 

 

 

・乾燥の季節でも潤いを保てます

 

・シワ肌には欠かせません。

 

・使う程良い商品だと思います。

 

・もう少し値段が安ければ。リピートしたいのですが。

 

・悩まされ続けた乾燥肌が解決。毛穴にもいいですね。

 

・本当に透明感がでてきます。海外製の高いブランドよりもこっちですね。

 

・キメの細かい肌にしてくれます。化粧のりもバッチリですね。

 

・敏感肌の私でも使えて、透明感がでたのは本当にうれしいです。

 

・冷蔵庫保存が面倒に感じてしまい他の商品に乗り換えてしまいました。

 

・自慢ができる肌になりました。素直に良い商品だと思います。

 

・メイクをするのが毎日楽しくなりました。

 

・翌日にはハリもでて、お肌もプルプルです。

 

 

「透輝の滴」を使用した人は、シワ対策ができている、乾燥肌の改善で潤いを保てた、くすみ改善で透明感がでた、という声がありますね。一方で、やはりもう少し値段を抑えてくれればという意見もありますね。

 

一定の品質の化粧品を作ろうとすると、どうしても値段が高くなってしまう、という事ですね。


海洋深層水の化粧品には富山や室戸もあるが・・・

海洋深層水の化粧品については富山県の富山湾の沖合や高知県の室戸沖でとれるものも化粧品に使われている海洋深層水としてよく知られています。

 

沖縄の糸満沖でとれる海洋深層水と比較した場合に、どの海洋深層水が化粧品に使われているものとして適しているかを考えたときに、沖縄の糸満沖の海洋深層水は、富山や室戸よりもミネラルバランスが人間の体内にあるミネラルバランスの近いのが最も特徴的とされています。

 

人間の体内のミネラルバランスと近いというのがポイントで、海洋深層水の化粧品を選ぶのであれば、沖縄の糸満でとれる海洋深層水を使用したものの方がより高い効果を期待できますよ。

海洋深層水を使った無印の化粧品

海洋深層水を使った無印の化粧品がありますが、無印は富山湾の海洋深層水を使っていますね。
引用

富山湾の海洋深層水を使用した肌にやさしい化粧水です。整肌成分として、グレープフルーツ種子エキスを配合しました。髪・顔・体全体のうるおい補給にお使いいただけます。
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4548076313656

 

価格的にも、1,000円前後で購入することができるので、リーズナブルな価格で海洋深層水の化粧品を試してみたい人にはいいと思います。

 

ただ、シミやシワ、たるみなどのエイジングケアを本気でしたいと考えている場合には、やはり高い効果を期待できるものではないので、そこを分かって購入するのはいいと思いますよ。

 

 

 

 

海洋深層水の化粧品と美肌効果

海洋深層水のミネラルは肌のバリア機能を高める

肌のバリア機能を担っているのは、角質層の保湿成分です。角質層の保湿成分は、NMF(天然保湿因子)と細胞間脂質で作られていますが、NMFはその構成成分の約半分がアミノ酸とその代謝物、そして次に多く占めている(約19%)の各種のミネラルです。

 

海洋深層水で作られている化粧水などの化粧品には、ミネラルがバランスよく含まれていて、そのミネラルは角質層に直接ゆきわたり、NMF(天然保湿因子)の成分として保湿に働きます。

 

 

ことに、注目すべき点は、カルシウムとマグネシウムの作用。

 

 

海洋深層水にはこれらのミネラルが量的に豊富なだけでなくて、カルシウムとマグネシウムの比率が体液に近い1対3で含まれています。

 

肌のターンオーバーのプロセスでは、NMF(天然保湿因子)と細胞間脂質が増え、角質層に補われることによって、肌のバリア機能を高めます。

 

 

この細胞間脂質の生成や運搬には、イオンとして細胞外液に溶けこんだカルシウムとマグネシウムの作用が欠かせません。

 

 

カルシウムイオンは、角質層の下にある顆粒層と呼ばれる部分に多く溶け込み、細胞間脂質の生成を促して、その量を増やします。

 

また、顆粒細胞が角質細胞へとなる際には、丈夫な角質細胞を作り出すのもカルシウムイオンの作用になります。

 

 

マグネシウムイオンは、顆粒層で生成した細胞間脂質を角質層へと運ぶのを助けます。

 

 

こうしてカルシウムとマグネシウムは角質層の保湿力を高めて、肌のバリア機能を高めることになります。

 

 

加齢によって、衰えた肌は角質層が薄く、NMFや細胞間脂質の減少が目立ちますが、海藻深層水のミネラルはこれらの症状を改善してくれる効果があると言えるんですね。

 

 

海洋深層水はコラーゲンを作り出す細胞を増殖させる

肌のハリや弾力がなくなってくるのは肌に真皮にあるコラーゲンが減少してくるからですが、海洋深層水はこのラーゲンを作り出す細胞である繊維芽細胞と呼ばれる細胞の増殖を促すことが化粧品メーカーの研究でわかっています。

 

線維芽細胞は、真皮成分(コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸など)を産生しています。
そして、産生したコラーゲンをコラーゲン線維さらにはコラーゲン線維束とし、真皮の構造を作ることが知られています。
コラーゲン線維がしっかりとした格子状の構造を構築することで、肌のハリ・弾力が保たれていると考えられています。
海洋深層水に含まれるミネラルはこの線維芽細胞増殖に効果があると確認されつつあります。http://www.muse.ecweb.jp/dswater_02.html

 

 

 

海洋深層水が美白に効果があると言われるメカニズム

海洋深層水は美白効果もあると言われますが、それは活性酸素を除去してくれるSOD(スーパーオキシドジムスターゼ)の衰えを防ぐことによって、肌表面の表皮に発生した活性酸素を効率よく消去し、メラニンの沈着を抑える効果があるからです。

 

 

メラニン色素は紫外線などを浴びると肌内部で生成されることは多くの人が知っている事だと思いますが、これは紫外線に含まれる有害な物質を除去するために活性酸素が大量に作られた結果なんですね。

 

 

活性酸素は大量に生成されてしまうとその力が強くなりすぎて、肌にダメージを与えてしまいます。そしてそのダメージを緩和するのがメラニン色素というわけです。

 

紫外線⇒活性酸素⇒メラニン色素

 

つまり、発生してしまった活性酸素を除去することができれば、シミができる程にメラニン色素は生成されなくて済むことになります。

 

そして、その活性酸素の除去をしてくれるのがSOD(スーパーオキシドジムスターゼ)です。

 

ただし、このSOD(スーパーオキシドジムスターゼ)は加齢とともに、その機能が低下してしまうのですが、海洋深層水はその低下した機能を改善してくれる効果がある事が分かっています。

 

 

海洋深層水の化粧品を使うことによって、美白効果が期待できるというのは、

 

 

紫外線⇒活性酸素⇒海洋深層水⇒メラニン色素

 

という形でメラニン色素の生成をブロックしてくれるからなんです。

 

 

海洋深層水はアトピー性皮膚炎にも効果あり!

海洋深層水を使用している化粧品を使うことによってアトピー性皮膚炎の症状が緩和した、という経験をしたアトピー肌の人は実は多くいます。

 

 

アトピー皮膚炎は、肌のバリア機能が著しく低下していることにうよって、肌内部にアレルゲンの侵入を許してしまうことが第一の原因ということができますが、バリア機能が正常になれば、アレルゲンの侵入も許さず、症状が改善していきます。

 

 

海洋深層水は、角質層のバリア機能向上に役立つのは、先程も述べましたが、それはアトピー性皮膚炎の症状がある人からすれば、その症状が改善される事そのもの、と言ってもいいですね。

 

もちろん、実感できる程度には個人差がありますが、アトピー肌改善には海洋深層水を使ってみるのも価値のあることだと知っておくと良いと思います。

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ